健保からのお知らせ

2014/3/1

平成26年度予算組合会のご報告

去る2月18日、健康保険組合組合会が開催され、平成26年度の予算その他が決定されましたので、お知らせいたします。

1.平成25年度決算見込・平成26年度予算について、添付の表の通り承認されました。

2.厚生労働省が主導する「データヘルス計画」に関する予算が承認されました。
 当健保に関しましても、医療費の増加に加え、高齢者に対する負担金も年々大きくなり、健保財政は圧迫される一方の現状があります。従前より、人間ドックや生活習慣病健診の補助を充実し予防医療に注力をしておりますが、もう一歩踏み込んだデータ分析を行うことにより、適切に保健指導等を実施したいと考えております。

3.その他の新規保健事業について下記案件についての予算が承認されました。
 ・ ジェネリック医薬品との差額通知を行い、医療費削減に有効である旨啓蒙を行います。 
 ・ 医療費通知について、ホームページから参照できるようシステムの変更を図ります。
 
4.その他保健事業に関し、下記のことを行うこととされました。
 ・ 労働安全衛生法に定められていて事業主が行うべき従業員の年1回の定期健診の義務に資
 するため、事業主とともに人間ドック及び生活習慣病健診受診の呼び掛けを行うこと。
 ・ 被扶養者に認められている健診、特に配偶者について、受診の呼び掛けを行うこと。

5.平成26年度の調整保険料率に変更に伴った一般保険料率の変更が承認されました。
 当組合の平成26年度調整保険料が1.34‰から1.32‰に変更されることになり、合算した保険料率に変更を生じない一般保険料率の変更です。
     一般保険料率   調整保険料率   合計保険料率
変更前  82.66‰     1.34‰     84.00‰
変更後  82.68‰     1.32‰     84.00‰

6.関連会社の新規加入・脱退に関する内規が承認されました。

以上

添付ファイル